アイデアだ!

ぱのこが生活で工夫していること、失敗から得たこと、その他勝手気ままに書いてみる

ネガワット取引・デマンドレスポンス っていろいろで応用できる!②

ネガワット取引・デマンドレスポンス っていろいろで応用できる!①の続きです。

ゲリラ豪雨をトリガーにする

最近ぱのこはYahoo!天気のアプリをスマホにインストールしました。雨雲が近づくと通知してくれるのでとても重宝してます。

例えば、このアプリから雷雨が迫っているというアラームを受け取ったとします。とりあえず雨宿りすべく近くの適当なカフェを探すことにしました。
いっぽう、カフェのほうにも雷雨接近のアラームが届きました。これは売上げ増進のチャンス!積極的に雨宿り客を呼び込むべく、GPSで検知されたお店の近くにいる人たちに向けてSNS等で雨宿りクーポンを発行することにしました… とか。

デマンドレスポンス雨宿り誘導Ver.

図にしてみるとこんな感じ… f:id:panoco:20160914113730j:plain この事例をネガワット取引・デマンドレスポンス っていろいろで応用できる!①で説明した流れで見てみると、
1.
雷雨が迫っているというのがトリガーになって、
2.
お店に対し雨宿り客受入れ可能かどうか
3.
何らかのデバイスを通じて訊かれるので、
4.
受入れ可能のレスポンスをしてクーポンを発行。
5.
お客はクーポンを利用し、お店で飲食しながら雷雨を凌ぐ。
つまり、雨宿り場所が提供できるという価値と、飲食代とを交換していることになります
ただ、これは本当にシンプルな仕組みなので、これにネガワット取引の要素を取り込んで妄想してみます。

ネガワット取引雨宿り誘導Ver.

雷雨接近で雨宿り客を呼び込むチャンスでも、お店が狭いために難しかったり、屋外イベント等でそもそも雨宿りしてもらう場所がなかったり。
いっぽうで、車のショールームとか気軽に買えるものが売ってなかったり、図書館とか公共施設はスペースは十分広くても売るものがなかったり。
じゃあそんな両者に取引をしてもらうのです!
図にするとこんな感じ…
f:id:panoco:20160914113731j:plain 雨宿り場所が提供できないお店は、雷雨が収まったら積極的にお客様を呼び込むべく『雨が止んだら来てね』クーポンを発行し、雨宿り場所を提供できる施設に取り次いでもらいます。
つまり、雨宿り場所が提供できるという価値と、雨が止んだら来てもらう見込み客を一時的に預かってもらいたいという需要とを交換するのです。

外国人観光客に利用してもらいたい!

この仕組みは気象会社単独だとできないし、クーポンを発行できるシステムを備えた会社だけでも運用できないし、いろんな事業体が結集してる組織じゃないと実現しないなぁと思ってたら、そんな組織があるじゃないですか!
訪日外国人向け観光情報サービス
『LIVE JAPAN PERFECT GUIDE TOKYO』

livejapan.com これに気象会社を参加させて、雨宿りトリガーを発信してもらう。
ぐるなびはデマンドレスポンスとネガワット取引ができるプラットフォーム的な役割となって、雨宿りしたい観光客と様々な事業体とを繋ぐ、とかどうでしょうか??
せっかく日本に来てくれた外国人に悪天時でも嫌な思いをせず有意義に過ごしてもらいたいなぁ、なんて。 f:id:panoco:20160910163011j:plain

雷雨だけじゃなく避暑とか避寒にも応用

トリガーはいろいろ変えられます。日本の夏のうだるような蒸し暑さがトリガーになったって良いと思います。もちろん、寒さ厳しい日にも。

災害時にも応用

この仕組みの奥に、災害時の外国人観光客の安全な場所への誘導プランを仕込んでおけば、突発時にも外国人を路頭に彷徨わせたりせず、日本語が分からない外国人に対してもスマホが最寄りの避難場所へガイドするようなこともできるんじゃないかな、とか考えたりしました。