読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアだ!

ぱのこが生活で工夫していること、失敗から得たこと、その他勝手気ままに書いてみる

マイルで大分日帰り旅行①

ぱのこは陸マイラーを自称できるほど高度なテクニックは無いにしても、マイルを貯めるのはそこそこ得意なほうです。
先週、貯まったマイルでダンナ様と大分へふらっと行ってきました。
f:id:panoco:20160917172926j:plain 羽田空港を離陸し、ほんの数分で眼下にはさっき走ったD滑走路。しばらくすると、キルティング生地のような層積雲の雲海、綺麗!

今は亡き大分のホバークラフトが恋しい

本題に入る前ですが、大分のホバークラフトのことだけは書かせてください!
2009年秋まで、当時日本では大分でしか乗ることができないホバークラフトという楽しい乗物がありました。大分空港から大分市内へ30分程度で連れて行ってくれる水陸両用な船で、大分へ行く際はこれに乗るのがぱのこの最大の楽しみでした。
現在は、運航会社自体もうありません。ホントに悲しい…
www.youtube.com ホバークラフトが活躍していた当時、大分にこんな珍しい乗物があることを九州人でも知らない人が多く、ぱのこは「何でもっと宣伝しないんだろう?」って不思議でしょうがありませんでした。
今たくさんのLCCが地方の空港へ安く飛んでくれる時代になり、地方も盛んに地元をアピールするようになりました。
もしまだ大分にホバークラフトが健在なら、交通手段ではなく、観光資源としての価値SNSでめいっぱいアピールして、温泉やグルメとともに乗船体験もツアーに組み込んだりすればきっと流行るだろうになぁと妄想したりして、大分空港に降り立つ度に切なくなったりするのです。

温泉ハシゴ1件目 別府温泉保養ランド

f:id:panoco:20160917192935j:plain ホバークラフトに乗れないので、レンタカーを借り別府へ。大分と言えば温泉!ということで、今回の日帰り旅行の目的のひとつが温泉ハシゴ。
1件目のターゲットは、泥湯の混浴露天風呂に惹かれた明礬温泉の『別府温泉保養ランド』f:id:panoco:20160917192633j:plain 温泉施設とは思えない外観に「?!」。
不安になりながらも、とりあえず大人1,100円×2人分支払い、戻ってこない100円をロッカーに投じ、お風呂へ。
ロビーから露天風呂へこんな風情あるアプローチをワクワクしながら進み脱衣所へ。
ダンナ様と早く再会したくて混浴露天風呂へ急ぐけど、脱衣所からそこまでが非常に分かり難い。迷ってハダカだから余計に心細くなりながらも「ここかな?」って木戸を押し入ったとこが正解。だんだん深くなりハダカを隠していく泥湯を進むと、その先が混浴露天風呂でした
かなり広い露天風呂は真ん中あたりで目の高さぐらいで渡してある木が男女の境目なので、そこでダンナ様と泥の塗り合いして遊びました。

硫黄泉はアクセサリーに注意!

写真は、硫黄で変色したぱのこの結婚指輪とネックレス。
当然指輪は外して入ったし、出るときも念入りにあがり湯で体を流したんだけど、着替えてすぐに指輪とネックレス付けてたら、この通り。
けっこう硫黄成分が強かったみたいで、過去に硫黄のニキビ薬で湿疹が出たことのあるぱのこは、この後1週間ほど痒い思いをして過ごしました。
得た教訓は、別府の硫黄泉に行くときは、アクセサリーは持っていくなかれ!硫黄に弱いなら硫黄泉以外の温泉を選ぶべし!ってこと。
ちなみに、指輪は買ったお店でお手入れ中。ネックレスは重曹で磨いたりしてだいぶ復活しました。

次のエントリーに続く…